贈与税の申告書記載例④ 相続時精算課税の適用

税務 一郎氏は、祖母から土地と上場株式の贈与を受け、相続時精算課税を選択し贈与税の申告を行います。
 使用する申告書は、贈与税の申告書 第1表及び第2表となります。

 この計算シートにて作成した贈与税申告書記載例
平成30年分 贈与税の申告内容の形態記載例
事例①暦年課税(特例税率)の適用事例①記載例
事例②暦年課税(一般税率及び特例税率)の適用事例②記載例
事例③贈与税の配偶者控除の適用(暦年課税)事例③記載例
事例④相続時精算課税の適用この記載例
事例⑤住宅取得等資金の非課税制度の適用(暦年課税)事例⑤記載例

下記は、国税庁様式「贈与税の申告書」でありますが、当事務所では、この様式を自動計算ファイル(エクセル)として作成しております。このファイルはフォームから入力を行うことにより、自動計算にて本様式を作成します。

なお、写しでありますので、当事務所ホームページ上では動作を致しません。また、ダウンロード等のサービスも現在、行ってはおりません。

平成30年分贈与税の申告書 第一表(平成30年分以降用)

平成30年分贈与税の申告書 第一表(平成30年分以降用)

平成30年分贈与税の申告書 第二表(平成30年分以降用)

平成30年分贈与税の申告書 第二表(平成30年分以降用)

バナースペース

松本寿一税理士事務所

〒569-1124
大阪府高槻市南芥川町1-7-401

TEL 072-682-1728
FAX 072-682-1728

最終更新 平成30年12月

贈与税