相続税の申告書 第1表及び第1表(続)

平成30年に相続が開始した場合に使用する相続税の申告書の記載事項

● 課税価格及び相続税額
● 被相続人から相続又は遺贈により財産を取得したすべての者に係る相続税の課税価格の合計額及び当該合計額を基礎として算出したこれらの者に係る相続税の総額その他相続税額の計算の基礎となる事項
● 納税義務者の氏名及び住所又は居所
● 被相続人の氏名及び住所又は居所
● 相続又は遺贈により取得した財産の種類、数量、価額及び所在場所の明細、当該財産の取得の事由並びにその取得の年月日等の事項の記載を要しますが、通常、相続税申告書第1表〜第15表を作成することで記載できるようになっています。


相続税の申告書 第1表

下記様式が、各相続人が署名・押印し、提出する相続税の申告書(第1表)となります。通常OCR用となっておりますが、読み取り枠は省略しております。
 各人の合計額(横集計の役目)と相続人1名分を記載する様式となります。

また、この第1表は第2表以下の様式から、税額計算・税額控除・非課税金額の計算結果など、多くの事項が転記されてくることになります。

同 第1表(続)

記載事項については第1表と変わりなく、財産を取得した人が複数の場合に作成します。下記様式に記入済みの事例は、相続人が3名のケースでありますので、(続)の用紙が1部作成されることになります。


相続税申告書第1表は、次のように多くの様式と関連しています。各表クリックすると該当様式に進みます。

転記先転記元関連別表
第1表1番第11表3番
2番第11の2表1の7番
3番第13表3の7番
5番第14表1の4番
第2表2番のロ
7番第2表8番
11番第4表1の6番
12番第4表の225番
13番第5表ハ又はヘ
14番第6表1の2、3又は6番
15番第6表2の2、3又は6番
16番第7表13番又は18番
17番第8表1の8番
20番第11の2表8番
21番第8の4表2B
23番第8表2の7番
24番第8の2表2A
25番第8の2の2表2の8番
26番第8の3表2の8番
27番第8の4表2A

申告書第1表〜第15表までは一つの事例に基づき記載例を記入しております。この事例は、仮定のものであり、実例を示したものではありません。上記以外の各様式は、こちら相続税申告書全表を参照ください。

下記は、国税庁様式「相続税申告書」でありますが、当事務所では、この様式を自動計算ファイル(エクセル)として作成しております。このファイルは必要事項の入力を行うことにより、自動計算(色付表示省略、連動型試算表の事例を掲載)にて本様式を作成します。記入済みの数字等はあくまで仮定のもので、この様式は単葉にて動作いたします。

誠に申し訳ありませんが、写しでありますので、このホームページ上からは動作いたしません。

平成30年分の申告に使用する様式が、下記様式となります。本様式は、申告書第1表(平成30年分以降用)となり、被相続人個人番号等の記載は不要となり、一部転記元の様式改訂のため転記元番号改訂があります。また、税制改正により新たに「特例株式等納税猶予税額」欄が新設されています。ほか変更部分は最下部 第1表(平30.7)の表示


相続税申告書第1表

相続税申告書第1表

相続税申告書第1表(続)

相続税申告書第1表(続)

バナースペース

松本寿一税理士事務所

〒569-1124
大阪府高槻市南芥川町1-7-401

TEL 072-682-1728
FAX 072-682-1728

最終更新 平成30年7月

相続税